新潟記念2017のみどころ:サマー王者はどの馬

9月3日に毎年恒例の夏競馬のフィナーレを飾るサマー2000シリーズ終戦新潟記念(G3)」が開催されます。

現在のサマー2000でトップを走るのは札幌記念を制したサクラアンプルール(13点)ですが、新潟記念の結果次第では逆転があります。

注目の一頭目は逆転が掛かるタツゴウゲキです。前走の小倉記念では格上挑戦で軽ハンデ、かつ開いた内から伸びてくるなど恵まれた点がありますが見事な勝利でした。未勝利や500万で足踏みをしていましたが、昨秋から馬が変わってきたようで今が旬といって良いでしょう。4着以内なら他馬の結果次第では優勝が決まるので全力で来ると思います。期待しています。

頭目はルミナスウォーリアです。前走の函館記念では念願の重賞制覇を果たしています。こちらは元々重賞でも掲示板に乗るほどの実力が備わっていたので充当勝ちでした。去年の新潟記念に出走して最後に物凄い脚で追い込んできたようにレースの適正は高いです。優勝するには3着以内であること、タツゴウゲキとマイネルフロストに先着することが必要になりますが逆転は可能だと見ています。

頭目マイネルフロストです。長い間調子が上がってきませんでしたがここに来て復調しているようです。馬に走る気が出てきているようです。実力はメンバー中でも1・2を争うでしょうし、新潟競馬場も実績が有るので問題は無いでしょう。サマー王者になる為には1着が絶対に必要になるので厳しいレースになるでしょうが頑張ってほしいです。

名前だけの紹介にとどめますが、アストラエンブレム、トウセンバジル、ソールインパクトなどかなりの強敵も出走するので大混戦のハンデ戦で最後の直線は目が離せないでしょう。

新潟記念2017